FC2ブログ





進退窮まる

この頃その進退が噂されている吾妻カッター。
未明俯瞰の雰囲気が好きで幾度となく大前側で山登りしました。
夜明け前なら無数に俯瞰の選択肢ありますが、順光の俯瞰地は限られてるのではないでしょうか。

2A2A9857_1.jpg
撮影:2019年3月8日
中之条ー市城
5Dmk4 70-200/2.8LISⅡ

吾妻カッターシーズンも終盤となって順光で撮れる撮影地が広がったので、市城ストレートに目を付けて俯瞰を探してきました。
雪が降っていたので夜明けを待ち、満を持して入山!の直前にすっころんで脛を強打。
背に腹は代えられぬと応急処置だけして雪の積もった岩峰を這い上りました。
進退窮まる狭い稜線上で何とか撮影。下界はだいぶ雪解けっちゃったなあ~
今でも大きく残ってる傷跡を見て、思い出したかのようにRAW現像・・・
[ 2019/04/25 02:22 ] 吾妻線 | TB(0) | CM(0)

去る秋

先月31日に廃止となった夕張支線。
季節を変えて何度か訪れただけでしたが、もう見られないかと思うと寂しいです。

2A2A2703.jpg
撮影日:2018年10月21日
清水沢ー鹿ノ谷
5Dmk4 70-200/2.8LISⅡ
[ 2019/04/16 23:40 ] 石勝線夕張支線 | TB(0) | CM(0)

伝統

養蚕農家特有の高窓がある民家の脇を走る<祝 富岡製糸場正解遺産登録>号
桑が植えられた庭や蔵、立派な門構えなどかつての民家構造をうかがえます。

3I6A5755_1.jpg
撮影:2016年3月16日
南蛇井ー千平
5Dmk3 400/2.8LISⅡ

群馬県の鉄道と養蚕は切っても切り離せない関係があります。
かつて群馬県では養蚕が盛んで、良質な糸を生産していました。
高崎線が民鉄としていち早く開通したのも、第一等の輸出品目として生糸・絹織物を横浜に運ぶためでした。
それと同様にして上信電鉄も地方民鉄2番目という早さで開業したという歴史があります。

2014年に「富岡製糸場と絹産業遺産群」が世界遺産に登録されました。
それも養蚕文化の伝承に力を入れてきた姿勢が形となったものではないでしょうか。
平成生まれの私でも"どどめ"を食べて歯が紫になったり、お蚕さんを触ったことがあったりしますし・・・
ようやく当時の生活様式と上信電鉄を一枚に織り込められるいい俯瞰を見つけられました。
[ 2019/04/08 00:09 ] 上信電鉄 | TB(0) | CM(0)