無想

今の時期しか2週間時間取れるタイミングないと思って、カメラ1台と望遠レンズ2本を点検に出してきました。
ここ一年間はバリバリ使っていたためか、ピントずれていたみたいで直してもらいました。
2週間、天気予報等を確認する必要もなく、家で大人しくしてました。
たまには写真の事を何も考えないで過ごすのも悪くないですね~。

北から見てばかりの大正橋を南から順光で狙いたくて散策。
狙いを付けてた場所は工事中だったり、電線があったりで惨敗。

もう少し歩いていい場所を見つけたかったんですが、水上折り返し7分はなかなか厳しい。

2A2A3526_1.jpg
撮影:2017年3月22日
敷島ー渋川
5Dmk4 70-200/2.8LISⅡ 1.4xⅢ
[ 2017/04/23 23:45 ] 上越線 | TB(0) | CM(0)

安全第一

今年の冬の道東遠征からの流氷と釧網本線の一コマ

どうでもいい道路の上で転んで膝を故障...
痛さを我慢して通過が迫る列車を狙うためにワカンを履いて早歩きしました。
日の入り後のいい雰囲気を期待していましたが、思ったより暗くならず・・・
次の機会があったらもっと早い時期に訪れたいです。

この後3日間の遠征中もこの膝の痛さに悩まされつつも、
我慢で痛覚を押し殺して道東の俯瞰を巡ってきました。

怪我には気を付けましょう笑

2A2A8290_1.jpg
撮影:2017年2月15日(道東遠征1日目)
止別ー知床斜里
5Dmk4 400/2.8LISⅡ 1.4xⅢ
[ 2017/04/19 20:00 ] 釧網本線 | TB(0) | CM(0)

日本一の大湿原

前日の曇天から打って変わって朝から晴天となったこの日の道東。
別寒辺牛湿原で日の出のキハ54を撮影してから釧路湿原へ移動。

前々日に編成自体は大きく撮影していたのでちょっと離れた丘へ。
ワカンで楽しく行軍、群馬に北海道とワカン大活躍の今冬でした。

(C11だったら一体どんな構図で構えていたのかなあ・・・?)

2A2A9216_1_20170416010133db7.jpg
撮影:2017年2月18日(道東遠征4日目)
釧路湿原ー細岡
5Dmk4 85/1.2LⅡ
[ 2017/04/16 01:17 ] 釧網本線 | TB(0) | CM(0)

交差

碓氷川の中流域を抜けると両岸の山が近づき、
色んなルートを通った交通が一挙に集まる。

かつて上州と信濃を結んでいたもの同士、
国道18号と上信越自動車道と信越本線が交差する。

2A2A5148.jpg
撮影:2017年4月2日
西松井田ー横川
5Dmk4 70-200/2.8LISⅡ
[ 2017/04/12 22:17 ] 信越線 | TB(0) | CM(0)

大雪

札幌では昨日4ヶ月ぶりに積雪が0cmとなりました。
道内各地の撮影地に春が来るのはもう少し先になりそうです...

ダイヤ改正初日、復活した特急「大雪」を撮影に石北本線の入り口へ。
雪煙をあげて西日に向かう姿がメチャメチャかっこよかったです。

2A2A8599_2.jpg
群馬で俯瞰成分を摂取したので接近戦で一枚。
撮影:2017年3月4日
当麻ー将軍山
5Dmk4 400/2.8LISⅡ
[ 2017/04/08 16:05 ] 石北本線 | TB(0) | CM(0)

煙巻く

ギリギリまで群馬で蒸機を撮っていたので、札幌で気候に慣れる間もなく大学が始まりました。
忙しそうですが面白い講義ばかりで本業は充実しそうです。

(北海道一発目は丸瀬布に行こうかな。。。)

近くで撮る度に「こんなカッコイイものをなぜ苦労して豆粒で撮るんだろうか」と思うものの、
次の日にはそれをすっかり忘れて豆粒俯瞰しているような...
群馬で豆粒俯瞰に走って、北海道で列車を大きく写すリハビリの繰り返しです笑

3I6A9549.jpg
撮影:2017年4月1日
上牧ー水上
5Dmk3 70-200/2.8LISⅡ
[ 2017/04/05 19:53 ] 上越線 | TB(0) | CM(0)

最高の〆

4週間弱の帰省最終日となった本日は予てから行きたいと思っていた表妙義「見晴」へ。

2A2A5199.jpg
撮影日:2017年4月2日
西松井田ー横川
5Dmk4 70-200/2.8LISⅡ

前日まで雪が降っていたので下から眺めると稜線近くが若干白くなっている...
「雪で厳しいかもしれない。行けるところまで行ってダメだったら無理しないで大の字で撮ろう。」
と心に決めて登山届を出して8時に入山。

8時40分に大の字に到着。「アレこんなに近かったっけ?」
俯瞰にハマりだした高校生の頃に3回来て4年半ぶりの大の字で、ここ数年の進化を感じながらも足を進める。

「登山道に雪が増えてきたがまだいける」、引き返すならここだろうと思っていた奥の院の鎖場まで到着。
高さ30mの鎖場は雪解け水で水が流れていた。
取っ付いて濡れた岩のフィーリングを確かめて「これはいける」と確信。

奥の院の鎖場を抜けると一気に雪が増えて気を抜くと足元が滑る。
ここで途中で追い抜いて行った登山客が引き返してくる。
「ダメか」と思ったが見晴まではいけるとのこと。
時間はたっぷりあったので慎重に登って9時20分に見晴に到着。
大先生の方々の俯瞰画像への憧れとアドレナリン全開でようやくここまでやって来られた...

後から1人と3人組が見晴から縦走路へ進んでいったが、
「鎖から雪を振るい落として登ってみたが、凍ってて今日この先は無理だ」とすぐ戻ってきた。
最初の目的地が今日の限界ギリギリだったようで非常に幸運だった。

蒸機を狙い撃ち、下山を楽しみ、群馬帰省完。

※「辻」より上は最上級コースなのでアタックの際は細心のご注意を。

[ 2017/04/02 21:30 ] 信越線 | TB(0) | CM(4)

香り

今日はいい煙日和だったので奈女沢俯瞰へ。

へそ曲がりで遠いところからばっかり撮っていたので、この近さは久々。
サブ機は遠くに見える蒸機を望遠で狙い、メイン機で王道スタイルの構図を抑えて満足。

帰省9回発目の蒸機でようやく香りを嗅ぐことができました。

奈女沢は去年秋に熊に襲われて男性が重傷を負った事件があったばかりなのでご注意を。

2A2A4961_1.jpg
撮影日:2017年4月1日
上牧ー水上
5Dmk4 24-70/2.8LⅡ
[ 2017/04/01 21:19 ] 上越線 | TB(0) | CM(0)